イベント

TOP > イベント

2018.05.21

新役員で保坂区長を表敬訪問

 定期総会で新役員が決まったことから、5月9日に石井会長、森副会長、佐久間副会長、相談役に就任した侭田前会長と事務局で区長を表敬訪問しました。世田谷区からは保坂区長をはじめ、宮崎副区長、笹部区長室長、工藤危機管理室長、荒災害対策課長、関根防災街づくり担当部長、小田代建築安全課長、小林建築審査課長ほかの方が出席しました。保坂区長は区が策定した「産業ビジョン」の意義と建防協の防災を中心とした社会貢献活動の必要性を強調され、石井会長は区や区民の信頼に応えたい、と述べました。

2018.04.23

創立20周年 建防協第11回総会が開催!

 建防協の第11回総会が4月20日(金)17時より東京土建世田谷支部会館で傘下各組合の代表と来賓、計66名の参加で開催されました。
 来賓あいさつなかで岡田副区長は、区が策定した「産業ビジョン」の意義と建防協の防災を中心とした社会貢献活動の必要性を強調しました。さらに世田谷区からは工藤危機管理室長、香山工業・ものづくり・雇用促進課長、同課工業・ものづくり・建設担当の村上係長、同課雇用促進担当の井上係長の計5名が参加しました。本総会は創立20周年にあたる節目の総会となりましたが、会長を10年間つとめた侭田平さん(建設協会)が勇退され、新会長に石井誠さん(建設協会)が就任しました。

2018.01.31

2018年新春賀詞交歓会に130名!

 建防協では1月29日(月)に三軒茶屋銀座アスターにて、恒例の新春賀詞交歓会を開催しました。来賓として世田谷区の岡田副区長、澤谷危機管理室長、区議会からは上島議長をはじめ多くの会派から区議会議員の参加がありました。また国会議員や都議会議員、世田谷・玉川消防署警防課長、世田谷サービス公社、自衛隊、日本防災士会世田谷支部、全建総連からの参加もあり、来賓は34名、会員96名とあわせて合計130名の参加でした。今年は4月からはじまる『世田谷区産業振興ビジョン』『産業振興計画』が注目される中、盛大に行われました。

2018.01.15

『世田谷の建設業の未来を考える会』国土交通省講演会に90名!

 平成30年の新年明けたばかりの1月10日、東京土建世田谷支部会館で「第2回世田谷の建設業の未来を考える会 国土交通省講演会」が開催されました。講師に国土交通省労働資材対策室の矢吹室長、全建総連の田口書記次長を招き、昨年7月に国土交通省が策定した「建設産業政策+10」を中心に、建設産業の10年後を見据え、担い手確保と建設産業の今後に関する施策体系を学びました。今回の講演会は現在策定中の世田谷区産業ビジョンと産業振興計画に具体的な施策が反映されることを目指し開催しました。参加者は全体90名で、世田谷区からは岡田副区長をはじめ建設産業に関連する4名の課長が出席、区議会からは自民党、公明党あわせて16名の区議会議員が参加し、区内・外の関係団体からの出席も多く、世田谷の活動が注目される画期的な講演会となりました。

2017.11.30

BCP(事業継続計画)の勉強会を開催!

 建防協では11月28日(火)3時から東京土建世田谷支部会館で、BCP(事業継続計画)の勉強会を開催しました。BCPとは企業の災害対策のことで、自然災害などへの対応を定めた計画をさします。災害後、事業活動を早く再開、継続するために策定され、優先して再開する業務や、材料の調達・輸送の代替手段などを明記する計画です。今回は「さわり」の部分の講演で、今後もBCPを社会貢献のひとつの価値として、会の内外に広報・宣伝していきます。講師は堀池眞臣氏(一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会参与)で、60名が参加をしました。

2017.09.01

自民党、公明党に要望書を提出!

 建防協では世田谷区議会の自民党区議団と公明党区議団に、平成30年度予算と区政への要望を行いました。自民党は7月25日、公明党は8月29日でした。今年の要望の重点は、平成30年度から始まる「産業振興ビジョン」「産業振興計画」に、地域建設業の具体的振興策を盛り込む点でした。区の政策策定も大詰めを迎えています。今後も区や議会の動きを注視していきます。

2017.07.20

「第11回専門家と共に考える災害への備え 地域防災編」
~地域主体の防災、地域主体の復興~

 「災害復興まちづくり支援機構」が主催する表記のシンポジウムに、建防協が事例報告者として参加しました。当日は300人を超える出席者で大盛況の開催となりました。事例報告では、これまで建防協がおこなってきた地域防災活動や社会貢献活動の取り組みと建設産業の重要性について報告をおこないました。そのほかにも町会と大学のサークルが協働して地域防災に取り組む事例の報告や、地震学者による首都直下型地震がおこる可能性など、それぞれが自分の専門分野から防災、減災を考える大変有意義なシンポジウムとなりました。

2017.06.30

労働安全大会が盛大に開催!

 建防協主催の労働安全衛生大会が6月28日(水)午後、東京土建世田谷支部会館で過去最高の140名の出席で盛大に開催されました。渋谷労働基準監督署の大久保純子副署長からは建設現場の死亡事故事例を紹介しながら安全についての具体的な講演がありました。また世田谷区の宮崎副区長が来賓として初めて参加され、世田谷区の各担当課からは地域建設産業をめぐる産業ビジョンと計画、環境配慮型住宅リノベーション事業、東京オリンピックパラリンピックの3つの施策についての講演がありました。夜の懇親会は6月で退任される板垣副区長の送別会も兼ねて行われました。

2017.06.07

復興まちづくりシンポジウムのお知らせ

「第11回専門家と共に考える災害への備え 地域防災編」
~地域主体の防災、地域主体の復興~

 

この度「災害復興まちづくり支援機構」が主催する表記のシンポジウムに、建防協が事例報告者として参加します。
これは災害復興まちづくり支援機構が、様々な復興支援やそのための事前対策についての報告と提案をし、首都直下地震に備えるため、また参加者とともに住民主体の復興を進めることを目的にしたシンポジウムです。ご興味のある方は、是非ご参加ください。

 

日 時:平成29年7月11日(火) 14時~17時20分(開場:13時)
場 所:東京都庁第一本庁舎5階 大会議場
テーマ:地域防災編~地域主体の防災、地域主体の復興~
主 催:災害復興まちづくり支援機構、東京都(共催)

 

【プログラム】
基調講演:「首都直下地震は本当にくるのか?」最新の調査研究から
      島村英紀 武蔵野学院大学特任教授基調報告
基調報告:「首都直下地震が起きたら我が町はどうなる?」
      加藤孝明 東京大学生産技術研究所准教授
事例紹介:世田谷区建設団体防災協議会(けんぼうきょう)、新宿区本塩町、新宿区戸塚地区

 

【申込方法】
添付ファイルをダウンロードし、FAXまたは郵送でお申込みください。
FAX:03-3356-4469
郵送先:〒151-0051 渋谷区千駄ヶ谷5-10-6 東京税理士会館3階
事務局総務課 シンポジウム担当

 

【東京都公式HP】
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/05/25/29.html

 

【チラシ・申込書】

2017.05.19

区議会自民党と建防協の意見交換開催!

 5月16日「自民党世田谷区議団と建防協の意見交換会」が開催され、建設防協各団体から区の入札制度改革や地域建設産業振興の産業ビジョンと産業計画策定に向けて、要望や意見が出されました。昨年2月に続いて2回目の開催です。特に入札制度改革については最近の東京都の入札改革は地場産業を疲弊させるものという意見や、世田谷区独自の地元業者に目を向けた入札改革を実行してほしいとの要望が強く出されました。参加者は自民党区議団11名、建防協21名でした。

2017.04.21

4.10未来を考える会

 4月10日に建防協主催の「世田谷の建設業の未来を考える会」を開催し、各団体より世田谷区の産業ビジョン・産業計画に対する要望や意見が寄せられました。意見交換では建設業界が抱える直近の課題や要望、そして将来に向けた長期的ビジョンなど、多くの意見がだされました。この日は世田谷区が実施した「世田谷区建設業実態・意向調査」をおこなったNPO建設政策研究所から調査結果の報告もありました。参加者は10団体35名でした。

2017.03.30

世田谷区議会第1回定例会(本会議)

 3月28日(火)、世田谷区議会第1回定例会(本会議)で、「地域建設産業の振興を図ることを求める請願」が全会一致で採択されました。この請願は昨年の11月、50名の区議会議員のうち35名の紹介議員と9名の賛同議員を得て区議会に提出していたものです。
 今後平成30年度から始まる区の「産業振興ビジョン」や「産業振興計画」に具体的に施策が反映されるものと期待しています。世田谷区建設団体防災協議会(建防協)としても、建設業振興施策や各事業について要望を継続していきます。
 また要望だけではなく、今後地域における社会貢献活動をいっそう強化していきます。

2017.03.29

建設通信新聞に紹介されました!

出典は「建設通信新聞」2017年3月7日付けです。

2017.01.31

新春賀詞交歓会、盛大に開催!

 1月25日(水)夜、三軒茶屋の銀座アスターで恒例の新春賀詞交歓会が開催されました。参加者は来賓33名、会員90名、ほか職員2名の総勢125名で賑やかな会となりました。来賓は世田谷区から保坂区長、板垣副区長、澤谷危機管理室長、区議会の上島議長、世田谷産業振興公社、世田谷サービス公社からも代表が参加し、また区内3消防署の警防課長も出席。区議会各会派は自民党、公明党、共産党、民進党、社民党、生活者ネット、世田谷すこやかプロプロジェクト、世田谷無所属など大勢が参加。衆議院議員や都議会議員も駆けつけました。また防災士会世田谷支部からも参加がありました。区議会請願や地域建設業の産業振興施策の位置付けなど、建防協が地域建設産業の代表の役割を果たしていることへの期待と関心の表れです。

2016.12.20

区議会常任委員会で請願採択、全会一致!

 12月19日午前、世田谷区区議会の区民生活常任委員会で、「地域建設産業の振興を図ることを求める請願」が全会一致で採択されました。
 この請願は世田谷区議会議員50名中35名の紹介議員を集めての請願です。区議会の申し合わせにより議長、副議長、常任委員は紹介議員辞退しましたが賛同の意を表明され、実質44名の議員の支持を得ました。
 今後は来年の2月から3月予定の区議会本会議での採択をめざします。

2016.12.07

建通新聞に活動が紹介されました!

2016.12.07

東京土建世田谷支部が南三陸町復興支援活動!

 東京土建世田谷支部では、世田谷区と歩調を合わせて宮城県南三陸町の復興支援活動を支援していますが、11月27日の地元の福興市のイベントに参加しました。
 また世田谷支部の千歳分会では11月20日と21日、17名が参加をして南三陸町への分会旅行を行いました。地元の地域経済に役立てること、災害の現状を知るために企画されました。

 

写真写真

2016.11.21

世田谷区議会に請願書を提出!

11月18日、侭田会長と事務局3名で世田谷区議会に「建設産業の振興を求める請願」を提出しました。その後、上島よしもり区議会議長と懇談を行いました。この日までに紹介区議会議員は35名となり、議長、副議長、常任委員会委員の議員は慣例で紹介議員にならないため賛同をいただき、その数は議員数は50名中、44名となりました。態度が明らかではない議員も、採決では賛成に回っていただけることを期待しています。
請願の趣旨に賛同をいただき紹介議員になられた方は下記のとおりです。
【紹介議員】(敬称略)
 自民党:安部ひろゆき、石川征男 、おぎのけんじ、加藤たいき、上山なおのり、
     河野俊弘、菅沼つとむ、畠山晋一、真鍋よしゆき、三井みほこ、山内彰、
     ゆさ吉宏、 和田ひでとし
 公明党:板井斎、河村みどり、佐藤弘人、高久則男、高橋昭彦、津上仁志、福田妙美
 民進・社民党:中塚さちよ、羽田圭二、
 共産党:江口じゅん子、たかじょう訓子、中里光夫、村田義則
 希望の会:阿久津皇、小泉たま子、佐藤美樹
 生活者ネット:田中みち子
 一人会派:あべ力也、上川あや、すがややすこ、ひうち優子、青空こうじ
※区議会の申し合わせ事項により、議長・副議長および請願が付託される区民生活常任委員は紹介議員になれないため辞退されています(9名)
石川ナオミ、上島よしもり、山口ひろひさ、岡本のぶ子、平塚敬二、諸星養一、
藤井まな、桜井稔、高岡じゅん子

 

写真写真

2016.11.21

第3回図上訓練開催!

11月16日(水)の夜、第3回の災害時の図上訓練が行われました。参加者は66名で、世田谷区災害対策課の荒課長、防衛省自衛隊東京地方協力本部世田谷募集案内所の飯田秀樹副所長が来賓として参加されました。参加者は災害時にどのように行動すべきか、各5つの支所に分かれて、災害時対応を話し合いました。

 

写真写真写真

2016.11.15

FM世田谷で特別番組が放送されます!
ぜひお聞きください!

テーマ:
「地域の建設業をご存じですか?」

 

出演:
侭田 平(世田谷区建設団体防災協議会 会長)
児玉奈輔(世田谷区建設団体防災協議会 事務局長代理)
ナビゲーター:小林佳果

 

放送日程:
2016年11月27日(日)18:00~18:30
2016年11月29日(火)12:30~13:00 ※再放送

 

視聴方法:
FMラジオのほかインターネット、スマートホンでFM世田谷のページから聞くことが可能です。
また後日、建防協のホームページでも聞くことが可能になります。※こちらから音声が流れます。

 

写真写真

2016.10.20

「建設産業振興を求める区議会請願」にむけて

 建防協では世田谷区議会に「地域建設業の振興を求める請願」を提出する準備を進めています。区議会の区民生活常任委員会(12月)の審議を経て、来年の第1回定例議会での採択を目指しております。
 現在、請願の趣旨にご賛同いただける団体、企業、個人の署名を集めております。署名用紙はこのホームページからダウンロードできます。ぜひ皆様のご協力お願いいたします。
 第一次締切:11月16日 最終締切:12月15日
 引き続き請願の進行状況については、ホームページで随時ご報告いたします。

地域建設産業の振興を図ることを求める請願「団体用」「企業用」「個人用

 

 

 

2016.06.28

世田谷区 防災塾へ参加

 世田谷区では地域防災力向上のため、区内27箇所にある出張所および街づくりセンターごとに「防災塾」を開催しています。この度、世田谷区から防災塾への参加要請があり、6月26日上町防災塾、6月28日上野毛防災塾に参加しました。
 防災塾では地域ならではの具体的な課題が出され、町会の皆様が真剣に解決策を検討されていました。
 私たちは地元の建設団体として地域とのつながりを強化し、「もしも」の時に地域住民と協力できる体制を築くため引き続き防災塾へ参加していきます。

写真写真写真写真

2016.06.23

労働安全衛生大会を開催!

6月21日(火)、毎年恒例の労働安全衛生大会が開催され120名の参加がありました。講師は渋谷労働基準監督の白浜副署長、世田谷区災害対策課の荒課長、寺澤係長、防災街づく課の並木課長、工業・雇用促進課の川村課長、商業課の小湊課長でした。主な内容は、労働安全衛生と熊本地震支援、不燃化特区、建設産業調査と若者就職支援でした。地域建設産業を代表する建防協の役割を、改めて内外に発信しました。

写真写真写真写真

2016.06.23

区長に入札改革要望書を提出しました!

5月30日(月)、建防協として世田谷区に入札改革の要望書を提出しました。地元建設業者への仕事発注をさらに進める内容です。趣旨は地域経済の還流、循環型持続経済こそ区民の税金を生かすものです。また防災活動など社会貢献活動を続ける地域建設業こそ区民の暮らしを豊かにし、区民の税金を活かす道、というものです。区側は保坂区長、板垣副区長、本橋財務部長が参加しました。

写真写真

2016.06.13

建防協主催 足場の特別教育講習会を開催

足場の組立特別教育講習会を6月7日に東京土建世田谷支部会館で開催しました。建防協主催としては初めての特別教育講習会でしたが44名の方が受講しました。講習参加の皆様お疲れ様でした。
建設現場で働くためには、多くの講習を受けたり資格を取得しなければなりません。建防協では加盟団体・企業から要望を聞いて、今後も講習会を開催していきます。

写真写真

2016.04.26

第10回総会が開催!

建防協第10回総会が4月26日に70名の参加で開催されました。
2年に1度の開催で、今年は世田谷区の澤谷危機管理室長が来賓としてお見えになり、懇親会には保坂区長も長い時間参加をされました。
今回は建防協活動が飛躍的に高まり、防災活動や社会貢献活動を通して、地域建設産業の重要性を広めていく特徴的な総会になりました。
なお役員には侭田会長、石井副会長、森副会長が再任、佐久間副会長が新しく選出されました。

写真写真写真写真

2016.03.11

東京土建世田谷支部が3・11の集い開催!

東日本大震災から5年がたった3月11日夜、東京土建世田谷支部会館で100名の組合員・家族が参加して「大震災を忘れない!3・11の集い~南三陸復興支援に向けて」が開催されました。集会は、犠牲者への追悼と被災者・避難者へ思いを馳せ、防災意識の向上をはかることを目的に開催されました。来賓として保坂世田谷区長が参加、またミニシンポシウムのパネリストとして世田谷区職員で震災後、宮城県南三陸町に長期間派遣されていた2名の方が貴重な経験を報告されました。また東北出身組合員、復興ボランティア参加組合員の声が会場から紹介されました。最後に復興支援ソング「花は咲く」を参加者全員で合唱しまし、行政や地域に社会貢献活動を大きくアピールする機会となりました。なお建防協ではこのイベントを後援しました。

写真写真写真写真写真写真

2016.02.17

建防協と自民党世田谷区議団の初の懇談会開催!

2月17日(水)、自民党世田谷区議団と建防協との懇談会が区議会会議室で開催されました。区議団は16名全員が出席し、建防協への関心の深さを象徴していました。建防協は侭田会長以下、29名の出席で、入札制度改革をはじめ、地域建設産業の育成を中心に問題を提起しました。懇談のあと三軒茶屋のアスターで懇親会も開催されました。

写真写真

2016.02.16

世田谷区が建設業意見交換会を開催!
区内建設業界と区長、副区長が建設産業の展望について懇談

世田谷区主催の建設業意見交換会に19団体34名が参加しました。
2月16日(火)に区民会館集会室で行われた懇談会には、区からは保坂区長、宮崎副区長ほか2名の部長、5名の課長が参加、区の産業振興に取り組む積極的な姿勢が明らかになりました。参加者からは「人材確保支援」「後継者育成」「入札制度改革」についての声が寄せられました。
建設業が地域産業の重要な柱であり、これからも区の産業政策として位置づけられていくことになります。

写真写真

2016.02.03

新春賀詞交歓会盛大に開催!

1月27日(水)夜、三軒茶屋の銀座アスターで恒例の新春賀詞交歓会が開催されました。参加者は来賓27名、会員89名、ほか職員の総勢120名で賑やかな会となりました。来賓は世田谷区から保坂区長、板垣副区長、金澤危機管理室長、区議会の上島議長、世田谷産業振興公社、世田谷サービス公社からも代表が参加し、また区内3消防署の警防課長も出席。区議会各会派は自民党、公明党、共産党、民主党・社民党より大勢が参加。都議会議員も2名参加しました。建防協が地域建設産業の代表の役割を果たしていることへの期待と関心の表れです。

写真写真 写真写真

2015.10.26

世田谷区産業表彰で区長特別賞を受賞!

10月17日(土)午前、三茶しゃれなあどホールで「平成27年度世田谷区産業表彰式」があり、建防協が災害協定や労働安全衛生大会などの長年の活動が地域社会と区内建設産業の発展に貢献していることが認められ、区長特別表彰を受けました。侭田会長が代表して式典に参加しました。

写真

2015.10.26

保坂区長と建設団体懇談会(車座集会)開催!

地域建設産業の育成を柱にした区長との懇談会が、10月19日(月)東京土建世田谷支部会館で開催されました。区から保坂区長、本橋財務部長、花房産業政策部長が参加し、懇親会には板垣副区長も参加しました。参加団体からは入札制度改革、地域建設業の実態調査、人材確保支援事業の継続、公共施設整備事業への地元企業の参加など、要望が出されました。建防協からの参加は31名でした。

写真写真

2015.08.29

自民党、公明党に予算と政策要望

7月31日、区議会自民党に恒例の編成28年度予算要望と政策の要望を提出しました。
侭田会長、森副会長、事務局の4名が参加しました。
また8月26日には、区議会公明党にも初めて予算と政策の要望と懇談を行いました。
参加者は侭田会長と事務局の計4名、議員は髙橋幹事長ら3名で、今後も地域建設産業の育成のために懇談を継続することを確認しました。

2015.05.26

第2回の図上訓練を開催!

5月19日の夜、東京土建世田谷支部会館で昨年8月に続いて第2回目の図上訓練を行いました。世田谷区役所から有馬災害対策課長、桐山道路管理課長が参加し、もしものときの道路啓開作業を中心とした訓練を実施しました。情報の収集と発信、警戒道路の把握、他団体との調整などの課題も見えましたが有意義な活動でした。参加者は67名でした。
写真写真写真

2015.05.26

世田谷区が人材確保マッチング事業!

世田谷区では、「基本計画」の産業振興の一環として、地域建設業育成を掲げています。
その第一弾として、社会問題となっている技能工不足を解消するために、地元建設業者の人材確保・雇用活動を促進するための事業を始まることになりました。
建防協をはじめ区内の業界団体を窓口にしながら希望事業者を募集します。写真

2015.02.02

新春賀詞交歓会、盛大に開催!

1月29日(木)の夜、三軒茶屋の銀座アスター迎賓館で、恒例の新春賀詞交歓会が109名の参加で盛大に開催されました。来賓として保坂世田谷区長、山口区議会議長、区内3消防署代表、区議会各会派などが参加されました。
参加者は阪神大震災から20年の今年、さらに地域防災力向上のために尽くすことを決意しあいました。写真 写真 写真

2015.01.05

謹賀新年
新春賀詞交歓会を開催します!

毎年恒例の新春賀詞交歓会を下記のように開催します。
ご参加をお待ちしています。


日時:平成27年1月29日(木)午後6時会
場所:銀座アスター(三軒茶屋迎賓館)
会費:7000円
申し込み:会員の皆様は各団体窓口までお申し込みください。
ご来賓、一般の皆さまは、建防協事務局まで直接お申し込みください。

2014.11.20

世田谷消防署より感謝状!

 11月11日(火)午後、世田谷消防署より日頃の人命安全対策への功労により、建防協に感謝状が贈呈されました。区民会館大ホールで行われた表彰式には、生島ヒロシさんの講演もあり盛況でした。これからも建防協は地域の社会貢献活動のためにがんばっていきます。

写真 写真

2014.10.27

東京土建世田谷支部防災部が見学研修会を実施!

 10月26日(日)午前中、東京土建世田谷支部防災部の仲間が、両国駅の近くにある都立横網町公園の東京都慰霊堂と復興記念館の見学研修会を行いました。この施設は1923年9月1日の関東大震災と1945年3月10日の東京大空襲の犠牲者を祭るメモリアル施設で、両方の犠牲者約16万3千体の遺骨をおさめて供養しています。記念館には大震災後の写真、絵画、道具などの品々が展示されています。学芸員の説明を受けて、有意義な研修でした。

写真 写真写真

2014.09.04

初めての災害時図上訓練行われる!

 8月28日(木)の夜、東京土建世田谷支部会館で、初めての「災害時図上訓練」を行いました。世田谷区災害対策課の有馬課長のアドバイスや問題提起を受け、北風の強い冬の朝に震度6強の巨大地震が世田谷区内で発生したことを前提に、どのように行動すべきかを4つの質問と答えで点検しました。参加者は70名で、各支所単位に分かれて着席し、みなで討論、そして報告を行いました。

写真 写真写真

2014.07.30

労働安全大会に106名が参加!

 7月22日(火)午後、自民党世田谷区議会議員団に平成27年度予算と区政への要望を行いました。自民党からは宍戸のりお幹事長ほか8名、建防協からは侭田会長、森副会長と事務局2名が参加しました。

写真 写真写真

2014.07.01

労働安全大会に106名が参加!

 6月26日(木)午後、東京土建世田谷支部会館で開催された建防協第6回労働安全大会は、傘下組合から106名が参加し盛大に行われました。
 来賓として世田谷区の板垣副区長よりご挨拶をいただきました。
 そして渋谷労働基準監督署からの労働安全講話のほか、世田谷区役所の三課より、災害時の道路啓開、不燃化特区の助成制度、雇用やものづくり支援についての説明がありました。
 建防協は今後もこのような会を通じて、地域の社会貢献活動に尽くしていきます。

写真 写真

2014.06.12

東京消防庁の水防訓練が行われました

 5月23日(金)午前中、上野毛の多摩川河川敷で東京消防庁の水防訓練が行われました。世田谷消防署の要請で、建防協から侭田会長が来賓として、また東京土建世田谷支部から4名がトラック3台による土のう運搬訓練に参加、また女性の会からも代表2名が参加しました。大規模な防災訓練でしたが、水害の恐ろしさは異常気象、台風による大雨など、現実的な問題として起こる可能性があり、これからも注意を呼びかけていきます。

写真 写真 写真

2014.05.20

第9回総会が開催!

 5月14日(水)午後5時から東京土建世田谷支部会館で約50名が参加し、第9回総会が開催されました。来賓として世田谷区から保坂区長と、世田谷、成城、玉川の3消防署より代表が参加され、その後の懇親会では板垣世田谷区副区長、永井世田谷消防署長も参加されました。総会では侭田平会長、石井、森、西田副会長、そして各団体からの幹事が選出され新しい体制で、今後2年間歩むことになりました。

写真

写真

2014.05.16

世田谷区と新災害協定締結!

 5月13日(火)午後4時から世田谷区役所で、新しい災害協定を締結しました。道路啓開を明記したもので、区から保坂区長、柳沢区長室長、阿部危機管理室長、有馬災害対策課長が参加。建防協からは侭田会長、石井、大久保、森副会長、事務局3名が同席しました。

写真

写真

2014.01.28

新春賀詞交歓会開かれる

 1月27日夜、三軒茶屋の銀座アスターで新春賀詞交歓会が107名の参加で、盛大に開催されました。
来賓として保坂世田谷区長をはじめ区議会議長、国会議員、都議会議員、区議会各会派、渋谷労働基準監督署、世田谷区内3消防署(世田谷、玉川、成城)代表、日本防災士会世田谷支部からご参加をいただきました。

写真

写真

2014.01.06

新年のご挨拶

侭田会長 新年、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 3年前は東日本大震災が起こり、その後の社会情勢の変化により、私たちの業界にも厳しい風が吹き荒れました。このような状況の中でも、私たちは建設産業に従事するものとして、地域の安全、安心の担い手として、社会貢献活動を続けてまいりました。
 私たちは、平成10年3月に世田谷区と災害応援協定を締結させていただき、平成21年には世田谷、玉川、成城の三消防署とも協定を締結させていただきました。また世田谷区建築物安全安心推進協議会では、世田谷区内の建築物安全のために、行政の皆さんをはじめてとして、多くの諸団体の皆様と手を繋いでまいりました。
 また毎年6月には、労働安全衛生大会を建防協として開催しております。このように今建防協は、世田谷区内を代表する建設業界の社会貢献組織となっています。
 今年も業界を取り巻く環境は厳しいものがありますが、今後防災はもとより、水と緑や環境住宅、再生可能エネルギー問題も含めて多くの社会貢献活動を通して、建設業界の真の姿を、区民の皆さんにご理解いただくようつとめてまいります。
 これからも12団体の会員相互の交流と結束を強め、頑張ります。
 最後になりましたが、皆様の今年一年のご多幸を祈念申しあげます。

 

平成26年新春

世田谷区建設団体防災協議会
会長 侭田 平

2013.12.12

建防協で自衛隊防災備品見学会開催

 11月24日(日)午後、練馬の自衛隊駐屯地へ建防協が見学研修会を行い12名が参加しました。10月の大島での台風による大規模土砂災害に参加した自衛隊の写真展示をはじめ、水のろ過装置や災害医療の方法などを見学しました。もしもの際は、倒壊家屋からの人命救助や道路啓開など自衛隊との協力が必要で、今後も消防署も含めて見学研修活動を進めます。

写真

写真

2013.11.19

新春賀詞交歓会を開催します。

建防協では恒例の新春賀詞交歓会を開催いたします。
会員の皆様は、所属団体にお申し込みください。

日時:平成26年1月27日(月)午後6時~
場所:銀座アスター三軒茶屋
会費:7000円

2013.10.16

8月29日世田谷区区役所で災害時図上訓練が実施されました
写真
8月29日世田谷区が、震災発生後に素早く住民を守る行動を起こすため、区職員や都トラック協会、世田谷ボランティア協会などによる図上訓練に建防協から3名出席。訓練は、夏の平日午後に東京湾北部を震源とする地震が起き、区内の最大震度を6強と想定。災害対策本部、物資管理部、保健福祉部と、区内に五つある支所ごとに分かれ、当初三日を乗り切るための備蓄物資の配分、支援物資の配送ルート、ボランティアの必要人数や仕事内容など、混乱状況でも的確な判断を下せるよう、対応決定までの時間を十五分に設定され、発災から三時間、九時間、十三~四時間以降に状況を分け、制限時間内で方針化するといった訓練内容でした。

2013.09.02

9月1日は「防災の日」です
9月1日は「防災の日」です。
各地で防災訓練などのイベントが開催されます。家族そろって近くの会場に参加してみましょう。

2013.08.27

第12回防災講演会が開催されました
8月27日(火)夜、世田谷支部会館で、建防協主催による第12回防災シンポジウム・講演会が91名の参加で開催されました。講師はテレビでおなじみの涌井雅之さん(造園家、東京都市大学教授)で、「地球の環境問題と地域の防災力」がテーマでした。世田谷区内在住の涌井さんは、「地球規模で温暖化をはじめ大災害の可能性があり、人間は自然をいなしていくことが大事、地域の絆で」と述べ地元建設業界の防災の取り組みを評価しました。幹事を中心とする懇親会が開催されました。

写真写真写真

2013.06.26

第5回労働安全衛生大会開催が開催されました
写真
6月27日の午後、東京土建世田谷支部会館で120名が参加して、第5回労働安全衛生大会が開催されました。世田谷区副区長の板垣正幸さんがご来賓として参加され、講演は渋谷労働基準監督署の山下次長、世田谷区役所から有馬秀人災害対策課長、皆川健一住宅課長、笹本修一経理課長の4氏でした。建防協は建設業界の労働安全のために、これからも地道な努力をしていきます。
171130_03s